プログラミングを学んだプログラマーが活躍できる場とは

無限大の可能性をもつプログラミングの魅力を知ろう!

命令できること 命令できること

活躍できる場はここ!

プログラミングでできることがわかると、次はプログラマーがどのような場面で活躍しているのか気になるかもしれません。そこで、プログラマーが実際に活躍している主な開発分野についてご紹介します。

活躍できる場はここ!

システム開発会社

システム開発会社

システム開発を行っている会社は、プログラマーの存在なくして仕事を進めることはできません。システムと呼ばれるものの範囲はとても広く、業務系やWeb系、スマートフォンなどの端末系などさまざまです。システム開発会社によって特化している分野が決まっている場合もあれば、さまざまな分野の開発を手掛けている場合もあります。システム開発会社でプログラマーとして働きたい場合は、その会社が手掛けている開発分野や使用しているプログラミング言語について事前にしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

Web系やソーシャルゲーム系

Web開発はプログラマーに人気がある分野です。WebサイトやWebアプリ開発に関してはスキルさえあれば1人でもできてしまうので、趣味の延長からプログラマーとしての仕事に発展するケースもあります。スマートフォンユーザーの増加に比例するように、Webサービスは日々新しいものが生み出されているような状況です。技術の進歩が早いIT業界の中でも、Webの開発技術はかなりのスピードで進化します。そのため、スキルを常にアップデートしていけるかどうかがこの分野で活躍できるかどうかのカギとなります。ソーシャルゲーム系は、プログラマーの需要が最も伸びている分野です。特に採用が活発なのが、スマートフォンゲーム開発のプログラマーです。ソーシャルゲームはプレイヤー人口が多く、今後も市場は拡大し続けていくと見込まれていることから、プログラマーの仕事の中でも将来性ある分野として人気があります。

メーカー系

家電や自動車には必ずプログラムが組み込まれています。それらのプログラムはメーカー所属のプログラマーによって組まれたものです。メーカー系のプログラマーは、次々と新しいものを開発していかなければならないプレッシャーがあります。大手メーカーの場合、複数のプロジェクトをいくつものチームで進めていくような形になるのでプログラマーの数も多く、雇用の面でかなり安定しています。

フリーランス

プログラマーとしての経験とスキルが安定してくると、会社員を辞めてフリーランスになる人も少なくありません。どんな形であれ独立には必ずリスクが伴いますが、可能性は大きく広がることになります。「企業に雇用される」という形ではなく「企業と契約」という形にすることで、同じような業務でも収入を大幅にアップさせることが可能になります。

人気の記事一覧人気の記事一覧

  • 働き方を選んで仕事を探そう!

    プログラマーの働き方には、正社員、フリーランス、派遣の3つがあります。働き方の選択は待遇の満足度に直結する重要なことなので、ミスマッチな働き方にならないようにしましょう。求人探しには専門の求人サイトが役立ちます。

  • スキルアップのためにあなたができること

    プログラミングのスキルアップのためには多くのコードを書く必要があります。セミナーや勉強会に参加したり、学んだことを情報として発信することも役に立ちます。思うように上達しないなら、スクールなどを活用してみてもいいでしょう。

  • プログラミングで作られているもの

    プログラミングで作られたものは身近なところに数多くあります。スマートフォンや家電製品、自動車など日常生活で使用するものや、職場で使用する機器類など、コンピュータが内蔵されているものはすべてプログラミングが関係しています。